事務局のご案内
大阪商工会議所 東支部
異業種交流会「フォーラム・アイ」事務局
大阪市都島区東野田町4-6-22
ニッセイ京橋ビル2階   地図はこちら
TEL:06-6358-6111
FAX:06-6358-6333
取材はこちらから
大阪商工会議所 東支部 異業種交流会「フォーラム・アイ」代表幹事
れいあうと・にっしん株式会社
名倉 信一 »

〒537-0013
大阪市東成区大今里南1‐15‐4
TEL 06-6974-8561
FAX 06-6974-8562
ログイン

ユーザ名

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

ログイン情報を記憶

ケイビーエス株式会社

ハミョンテンダ(やればできる)!
世界初多言語印刷のパイオニア!
WEB&パブリッシングの多言語化(翻訳)・海外とのビジネスを強力にサポートします。
コンピュータアプリケーションのローカライズ(多言語翻訳)事業、WEBの多言語化、外国向けの印刷物作成はお任せ下さい。

会社名 ケイビーエス株式会社
代表者名 代表取締役 高 允男
所在地 〒544-0033
大阪市生野区勝山北2-16-17
TEL 06-6716-5665(代)
FAX 06-6711-2804
MAIL info@kbsjapan.com
ホームページ ケイビーエス株式会社
ブログ 多言語でのいろいろ
韓国語、中国語、英語などの多言語に関わる情報発信をします。
鳳@bongのpage
事業内容 1) 翻訳事業
2) 多言語DTP・印刷
3) 多言語Web製作事業
4) 各種コンピュータソフト(CD、CD-R、DVD等)のローカライズ(翻訳)事業
日本語→外国語 外国語→日本語

(対応言語) 主要30言語を始め、各種言語への対応可
<アジア圏>日本語・韓国語・中国語(簡体字・繁体字)・タイ語・ベトナム語・インドネシア語・タガログ語・マレー語・モンゴル語
<中近東圏>アラビア語・ペルシャ語
<欧米圏>英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・ギリシャ語・オランダ語・ノルウェー語・スウェーデン語・フィンランド語
<ロシア圏>ロシア語・ポーランド語・チェコ語・スロバキア語・ハンガリー語・トルコ語
主力商品 アプリケーションソフトのローカライズ
販促ツールのローカライズ
3) ポスター・チラシ、新聞、会報、記念誌、画集
4) 観光案内、パンフレット、ガイドブック
5) サイン・店内案内、手帳、語学書
6) メニュー、結婚招待状、プログラム
7) カラオケ本(カラオケ曲目リスト)
8) 学校案内、会社案内、賞状、カタログ、その他
主要取引先 1) 全国各地の都道府県・市町村多数(外国人向け多言語観光案内冊子製作)
2) 株式会社ミスミ(ミスミ韓国進出に伴い Multi-Bitsの韓国語版製作)
3) 株式会社ビー・エイチ・エー(中国語版・韓国版ソフトのローカライズ)
4) 各種海外進出企業、海外進出団体
5) 全国各地の印刷会社・翻訳会社・デザイン会社等、計200社
会社沿革 1968年1月 現社長、高仁鳳が僑文社を引き受ける
1981年5月 角川書店より「朝鮮語大辞典」組版の打診。手動では困難なため、ハングルの電算写植を模索。
1981年12月 写植機メーカー、モリサワへハングルの電算化を打診。
1982年9月 ハングル電算写植の入力校正第1号機が完成、導入。これは韓国本国よりも早く、世界初の実用化。
1984年1月 三修社より月刊誌「基礎ハングル」の組版受注。電算写植で完全ページアップに成功。
1984年4月 末広バルブ製作所の会社案内を日本語・韓国語・中国語・英語の4カ国語で同時電算出力。世界初。
1985年12月 角川書店「朝鮮語大辞典」完成。
1987年8月 社屋を一部拡張。リョービ・RECSシステムを導入
1989年12月 株式会社に設立登記。社名をケイビーエス株式会社に変更。
1990年1月 ケイビーエス株式会社として、新しくスタート。
1991年7月 マッキントッシュを導入。
1992年4月 MAC部発足。
1992年4月 タイ語会話の本(日本語混植)をMACで完全版下化に成功。
1992年4月 社内報<ナルゲ>創刊
1993年9月 MAC多言語イメージセッター導入。
1994年7月 日本経済新聞(7月20日付)に多言語印刷システムが紹介される。
1994年10月 月刊誌「経済界」に多言語印刷システムが紹介される。
1994年12月 朝日新聞に多言語印刷システムとともに高社長が紹介される。
1995年2月 大阪府発行メディカルパスポート7カ国語(日・英・中・韓・スペイン・タイ・タガログ)同時出力。
1995年6月 KDD発行 タイ語、ベトナム語会話の本を制作組版。
1995年7月 社内報<ナルゲ>13号発行。この時からビデオカメラで撮った写真を利用始める。
1995年9月 2台目のMAC多言語マルチスクリプトイメージセッターを導入。
1995年12月 インターネットチーム発足。
1996年1月 ホームページ開設。
1996年4月 kbsjapan.comという独自ドメイン収得。
1997年1月 「済民日報日本版」インターネットによる組版制作。
1997年4月 高品質イメージセッター富士写真フィルム製LuxSetter5600導入。B2ワイドの多言語出力が可能。同時に同じリップで出力可能な多言語カラープリンタを導入。
1997年12月 12月3日インターネット専用回線OCNと契約。これで24時間常時接続する事になった。
1998年1月 創業30周年を迎える。
1998年7月 ホームページをリニューアル。
1998年8月 多言語WindowsDTP構築。社内報「ナルゲ」の一部をWindowsで制作、印刷した。
1998年9月 WindowsDTPチーム発足。
1999年2月 高仁鳳社長の個人Web「鳳@bongのページ」を開設。ビデオカメラによる記録を主に発信。
2000年5月 (株)ミスミの韓国向け通販カタログをInternetで制作。
2000年8月 進研アド「Studying in Japan」サイト制作に参加。多言語部門を担当した。
2001年3月 BHA社のB'sGoldやB'sClipのアプリケーションを韓国語、中国語簡体字、繁体字にローカライズした。
2001年6月 香港・マカオへ社員旅行。
2001年8月 社内報<ナルゲ>26号発行
2001年11月 ホームページをリニューアル。
2002年1月 社内報<ナルゲ>27号発行
加盟団体 ・日本翻訳連盟
・大阪商工会議所
・近畿グラフィックコミュニケーションズ工業組合
・大阪府グラフィックサービス協同組合
・関西DTP協会
・大阪府印刷工業組合
・大阪商工会議所生野支部異業種交流会フォーラムアイ

ケイビーエス株式会社
http://www.kbsjapan.com/
多言語でのいろいろ
韓国語、中国語、英語などの多言語に関わる情報発信をします。
鳳@bongのpage